病気を振り返る No1

病気を振り返る No1

昨年末、さんちゃんが体調を崩しました。
病気当初は、とてもブログに病状を冷静に書くなどできず

もちろんしんどそうな、さんちゃんの写真なんて撮れませんし。。

ですが、ゆのも傍にいてくれましたし。。

預かりっ子のたいちゃんがいてくれたので気持ちも強くいれましたし
頑張らなくてはと、思っていました。。

そういえば、乳腺の手術の時は、仁くんがいてくれました。
13歳というさんちゃんと同じ歳頃の彼らの、優しい目と話を聞いてくれる安心感に
とても癒されていた気がします。。。

そして、今年の4月の末の検査結果で5ヶ月ぶりの検査の正常値。。

ほっとしたところで、病気について振り返ってみる事にしました。。

今回、プチクリニックにて、食事についてしっかり勉強しょうとおもったきっかけでもありますし
同じ症状で、不安になってる方の参考に少しでもなればいいなぁ~と思っています。。



    
   当日 

前日より、散歩の足取りと顔色がさえなかったのです少し気になりましたが
特に、変化なく朝を迎えました。

朝は、いつものように散歩を終え。。食事

その2時間後くらいに、嘔吐(やまぶき色の様な。。においもあり)
気になる色だったため、すぐに病院にいきました。

先生の診察で、少し黄疸がでているのですぐに検査してみようと言われ・・

毎月一度の診察(心疾患のため)と、4月、6月、8月と血液検査もしていましたし
そんなんに悪い状態になってるなんて想像もできませんでした。

肝臓は、病気の中でも症状がわかりにくいのが肝臓病と言われています。

当日のさんの血液検査の結果です。


GPT 1000H
アラニンアミノトランスフェラーゼ、(酵素)
肝臓に圧倒的に多く存在しています。
肝細胞の逸脱酵素で肝細胞障害の指標として利用されます。          
    
GOT 1000H 
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ
主に肝臓に、他に赤血球、心筋、骨格筋にも分布しています。
半減期が非常に短く(犬で5時間、猫で1時間)、 
疾患の急性期または重症時に増加するのが特徴です。

ALP 2359    
アルカリホスファターゼ。
ALPは肝臓内を流れる胆汁の通り道である肝内胆管や、
肝臓を出てから胆汁がたまっている胆のう
引き続いて胆汁が十二指腸に流れ込む部分の総胆管など、
胆汁の排泄路で異常があると高くなる肝酵素です。

    
CRP 12  
CRPは主に肝臓でつくられ、一部は膵臓や局所のリンパ球から産生されます。
CRPは、急性炎症性刺激がおこって、
6時間ごろから急激に上昇し、24-48時間で最高値を示し、
炎症性刺激が消失した場合はすみやかに減少します。
  
 
  正常値0.7㎎/dl以下
  軽度の上昇0.7-3
  中程度  3-7
  重度 7以上


すべて1000オーバーすなわちそれ以上の数値は測定不能ということです

正常値が青色の黒字ですから。。

完全な肝機能障害です。CRPも12ですので急性な炎症がおきていることを示します。
肝機能が悪くなると、膵臓・胆嚢も関連して悪くなるのが通常です。

初日の検査では、LIPが165ですが先生の予測どおり21日には973と
膵臓の機能も悪くなりました。。


症状が出てくる頃には重篤な状態となっている事が多く気をつけなければいけません。

さんちゃんは、

2年前までフィラリア感染症だったため、心臓に後遺症が残りました。
3度ほど、意識を失ったりして。。

時々、不調な時はありましたが、大事にはいたらず
回避してきました。

体調観察、運動、サプリ、ハーブ、マッサージ、食事、気温。。。。

人一倍さんちゃんの健康には気お付けてきたつもりでした。。

なのに。。

昨年末の入院は、本当にななななんんで!!!!

と心の底から思いました。

自分の中で思い当たることが無かったからです。

もっとはやく気づいてやれなかったのかと・・
後悔ばかりです。。


肝疾患の原因で、考えられるのが。。

◎ 肉、魚主体のフードや半生フード、ビーフジャーキーの食べ過ぎなど
◎ 肥満
◎ ウイルスや細菌感染症
◎ 熱射病;
◎ 肝臓への損傷(例えば車事故による怪我);
◎ 先天性疾患(例えば、門脈シャント、銅関連性肝炎);
◎ 貧血、クッシング病、 フィラリアや 心臓病、膵炎、癌など他の病気。

と主な要因があるのですが、

さんにあてはまるとすれば。。。

急性なので、細菌、ウイルス感染、心臓病。。くすり。。
手作り食の食べ物か?。。
なんかへんなもん食べた????(かなり管理してるのでないと思われるが。。)


先生も、とにかく急性なのですぐに抗生剤の点滴と絶食で、入院管理が必要とのこと

入院治療が始まりました。

今回、信頼できる主治医の獣医さんがいることが、とても心強かったです。
さんちゃんのことを、毎月見てくれていましたし、性格、病状、普段の様子も
わかってくれていましたしので、少しの変化に気づいてもらうことができました。

すばやく的確な処置をしてもらえた事に本当に感謝しています。

専門医の先生とも連携をとってくれますし、
いざという時のために、しっかり話をきいてくれるお家の近くで
信頼できる先生を見つけておくことは、自分の家族を守る事にもつながるのではないかと
強く思っています。







ペットショップに行く前に、様々な場所で家族を探している犬たちに
目をむけてくださいませんか。。。

image.jpg


リ・スタートさんで犬の保護活動のお手伝いをしています。

帰る場所のない犬たちに、安心して寝むれる場所が見つかりますように。。


    restart_bana.gif


リ・スタートで新しい家族をまっている子たちです。

どの子も魅力的な部分をたくさん持った子達です。。
預かり先の様子など個々のブログにてお伝えしていますので
よろしくお願いいたします。

画像をクリックすると預りさんブログがご覧になれます。

fc2blog_20140416114447719.jpg fc2blog_201404161144581f5.jpg fc2blog_20140416135249984.jpgfc2blog_20140417162137bc0.jpg





大阪府・大阪市で譲渡対象の犬たちです。

おおさかワンニャンセンター(大阪市動物管理センター)にいる
譲渡対象犬の情報は、こちらからご覧になれます。

おおさかワンニャンセンター">

大阪府動物管理指導所にいる譲渡対象犬の情報は
こちらからご覧になれます。

大阪府動物管理指導所">



2013042922124727d.jpg







banar-caci-600.gif

GUNDOG RESCUE Companion Animal Club Ichikawa(CACI)さんで
里親募集中のセッターフィンくんです。


21キロ
フィラリア陰性
ワクチン済み
マイクロチップ済み
去勢済み
千葉県動物愛護センターより引き取り
26年3月4日
DSC00312_convert_20140323215455.jpg




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索