なるちゃん

なるちゃん

少し長くなりますが、なるちゃんの現在の様子についてご報告させていただきますね。


30日、なるちゃんの毎月健診の日

いつも継続している心臓のお薬をもらうためと体調管理のため

体重の増加がないか、耳掃除、心臓健診など健診をしています。


ここ最近なるちゃんが以前よりやる気がないような・・

どことなく気だるさがあるのか?暑いから??

大きな変化があるわけではないのですがすこし気になっていたので、

血液検査と超音波もしていただくことにしました。


血液検査の結果、5ヶ月まえより少しALPが増加GPTもあがり

始めているので超音波で胆嚢・肝臓などを検査


結果 胆嚢粘液嚢腫と診断 

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)とは

脂肪の消化に重要な役割を果たす胆汁は肝臓で生成され、胆嚢に一時貯蔵されます。食事をとると胆嚢が収縮し、収縮に伴い、胆汁は総胆管を通って十二指腸に放出されます。胆嚢粘液嚢腫とは、何らかの原因で胆嚢の中にゼリー状の粘液物質が貯留した状態をいいます。胆汁の分泌を障害するために様々な消化器症状を引き起こし、状態が進むと、黄疸や胆嚢破裂に伴う腹膜炎などの重篤な合併症を引き起こします。


嚢腫のできる原因は、はっきり解明されてないことも多いようですが

なるの場合は、先天性の脂質代謝異常ではないかとの事でした。

保護時に、膵炎と肝炎になっており、予防のために低脂肪のフードを

食べてはいたのですが・・・。


治療法ですが、特に臨床症状を伴わない軽度の場合には、内科療法と食事療法で管理できる場合もありますが、徐々に進行してくる 可能性もあるため、定期的な検査による経過観察が必要です。内科治療に反応が悪かったり、進行して臨床症状を伴っていたり、胆嚢破裂など合併症の発症の危険性があるようなケースでは、外科的に胆嚢を切除する手術を行います。
進行して状態が悪くなってからの手術はリスクが高く、手術中や術後の死亡率が高いため、手術を行う時期については、個々の状態を見ながら十分検討した上で決定する必要があります。


30日の時点では、CRP(炎症値)も0で胆嚢破裂などの所見は見られず、

胆嚢摘出をするには、なるの心臓では、無理なのでは・・との見解で

現在手術の緊急を要するものではないので、一旦内科療法と食事療法で経過観察となりました。


翌日31日

朝ごはんも完食、うんちしっかりし、いつも通り仕事に出かけ、帰宅

なるが外に出たがったので、すぐに散歩に行く。

数歩、歩いたところで嘔吐、立て続けに4回も吐き、嚢腫が・・と思い病院へ


その日は火曜日、主治医の先生は休診日

とりあえず主治医の先生に留守番電話を入れ、他の病院へ走りました。

経過をお話し、検査を開始、幸いにも嚢腫の破裂ではないとの診断

ほっとしているところに、主治医から電話がありすぐに診てくださることに

他の病院では初診にもかかわらず、とても親切にしてくださり

セカンドオピニオンにもなり今後の治療方針への参考にもなり感謝しつつ

転院。


嚢腫の破裂はないですが、胆管・総胆管のながれがわるく

十二指腸・胆管・総胆管炎の診断。すぐに点滴治療に入りました。

胆管・総胆管がつまると嚢腫破列になってしまうこともあるので

数値が治まるまで内科治療点滴管理となり入院となりました。

休日の夜間にもかかわらず、治療していただき本当にありがたい限りです。

持病を抱える子たちは主治医をきちんと決めておくことは大事ですね。

fc2blog_20160602113224311.jpg

今日で3日目となりますが、膵臓以外の数値は少しつづ良くなりはじめ

快復に向かってくれています。ご機嫌はななめです。


今回は、お薬が効きはじめ緊急手術にはいたりませんでしたが、今後大きな爆弾を

背負っての生活になります。内科治療で乗り切れるか、否か。。。

摘出手術もその時がきたら、生死をかけしなくてはなりません。


なるの場合は、他にもフィラリア症(4月現在陽性),僧帽弁逆流症、三尖弁逆流症、心臓肥大、

などの持病があり、


フィラリア症とは

フィラリア症は、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気です。犬フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が出現します。放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です

img03.png


なるの場合・・

長年のフィラリア感染から循環器に影響を及ぼしています。

filaria.gif pni-sinzou.jpg

①心臓肥大(逆D型)

通常は右心房→右心室に血液がながれるのですがフィラリアが邪魔して、右心房に圧がかかり肥大しています。一度肥大した心臓は元に戻ることはないため、心臓への負担は避けられません。


僧帽弁逆流症、三尖弁逆流症

心臓に成虫が寄生しているため僧帽弁・三尖弁がきちんと締まらなくなり
血液の流れが一方向ではなくなっています。その為心臓に負担がかかっています。

①・②の治療の為に行っていること

①カルドメック(糸線状虫予防剤・駆除剤)毎月1度服用している。

検査の結果が陰性になるまでは通年投薬。陰性後は予防期間投薬


②フォルテコール(ACE阻害薬)
(ACE阻害薬とは、血圧をあげる物質をつくらないように血管を拡げ血圧をさげる薬)
血管拡張薬として働き、血管を弛緩させ、血圧を下げる効果を示します。
毎日お薬を服用することにより、心臓の動きを助け現在より進行を防ぐ効果があります。


③療法食

各臓器の負担を軽減するため、低脂肪消化器サポートを食べています。


乳腺腫瘍が大きくなりはじめ、去年の11月に避妊と乳腺腫瘍の摘出手術も済ませました。


新たに病気が見つかり、今後、環境移動によるストレスや治療の継続や今後も

入院治療が必要になることまた、大きな手術の判断を里親さまに

お願いするのはなるや里親さまにとって穏やかに過ごしていくことになるのか??

里親様募集を停止する事も含め少しなるの今後について考えたいと思います。


あと数日入院となりそうですが、先生はじめスタッフのみなさんに可愛がって

いただき、頑張って乗り切って欲しいと願います。。


お知らせいろいろ

里親希望者様

 預かり様
同じフォームからご連絡ををお願いいたします。
http://centro387.sakura.ne.jp/Foster/SatoForm.html


④チョコちゃん(大型)
23・65キロ フィラリア陰性
マイクロチップ装着済 検便クリア
血液検査問題なし
子宮蓄膿症、臍ヘルニア手術済
退院後受け入れてくださる方を至急探しています!  

性格は穏やか、そっと足の上に顎を乗せてくる子です。
慣れてくると、活発なポインターとなる子で
道路や人を知っているため、お散歩ができるまで
早くなれそうです。
脚力はあり、140センチのフェンスは軽々飛び越えます。
他犬に対しては、気にせずやり過ごすことができます

p1.jpg


⑥こばなちゃん (14㌔位 痩せ気味 適正17㌔位)
2歳位
お産経験あり 小ぶり おとなしい
腰が落ちています。
見てすぐにはわかりませんが、歩くと少し
腰が曲がっているように感じます。

離れたところからちょこんとお座りし
こちらを見ている子で、お乳の下がり方から
何度も生んでいるように見えます。
多頭でも暮らせる子ですが、しつこくしない犬ならば
自ら喧嘩をすることはない子です。
不妊を急ぎたいので、退院後お引き受けくださる里親様
預かり様、よろしくお願いします!
31日に連れ帰りますので退院後の7日以降で
お引きとさせていただけると助かります。

p6.jpg


②りんちゃん (22㌔ )
2~3歳

お腹が大きくなってきています。
この大きさの子ならば8頭以上は生んでしまいます。
右肩を犬同士がぶつかり痛めているようですが
すでに古傷のため治らないかと思います。
見た目はわかりませんが、歩くと肩が下がるのかと思います。
室内から出てこない子でしたが
押さえて画像を撮ろうとしても唸ることすら
しませんでした。我慢強い子なのだと思います。
不妊手術後お引渡しとなりますので
7日以降でお迎えいただける方、よろしくご検討くださいませ。

p2.jpg


詳しくはガンドッグレスキューCACIフェイスブックをご覧下さい





里親様募集中の子達

仮名 なる
犬種 ビーグル
性別 女の子(避妊済)
体重 11、38キロ
年齢 推定7~10歳
ワクチン5種接種済み
狂犬病予防注射済
ノミダニ予防済
消化管寄生虫駆除済
フィラリア検査  陽性(治療開始現在ミクロフィラリアはいません)
マイクロチップ装着済
性格 穏やかで、優しく癒し率200%です。
健康状態 フィラリア症と弁膜症の治療を始めています
乳腺腫瘍(11月28日手術済)
歯石除去済
    
なるちゃん、トリックまた保護犬のお問い合わせはこちらの
お問い合わせメールよりご連絡お願いいたします
お問い合わせ メール


里親様募集中

fc2blog_20160516144738319.jpg  


名前 トリック

犬種 イングリッシュ・セッター

性別 男の子(22日に去勢予定)

年齢 推定4~5歳

体重 16・7キロ(痩せすぎ)5月26日18キロ

健康状態 9種混合ワクチン済・狂犬病予防接種済・マイクロチップ済

     ノミダニ駆除済・消化器寄生虫駆除済・血液検査所見なし

     検便所見なし。股関節形成不全(手術は今のところ不要との診断です)



里親様募集中

仮名 おと
年齢 推定4~5歳
性別 男の子
犬種 シーズーミックス犬
体重 4.8㎏
医療処置  5種混合ワクチン、血液検査、便検査、フィラリア検査(➖)、近日去勢手術・マイクロチップ挿入予定

☆おとちゃん保護主ちぇぱもくさん 

おとちゃんについてのお問い合わせは下記ブログへ

幸せへの寄りみち

おと



里親様募集中

natu1s.jpg

仮名  ナツ(なっちゃん)
犬種  秋田犬ミックス
性別  女の子(避妊予定)
年齢  推定10歳〜13歳
体重  21キロ(少しやせ気味)

6種混合ワクチン接種(予定)
狂犬病予防注射済
ノミダニ予防済
消化管寄生虫駆除済
フィラリア検査  陰性
マイクロチップ装着済


なつちゃんの日常、お問い合わせは、保護主ツナグさんへ

         ツナグ



セッターの里親様募集!
福島県からの千葉CACIにやってきた
セッタースウィート里親様募集中です
DSC06054_convert_20151003210637.jpg
女の子
6~7歳
体重17キロ位
痩せておらず問題なし
保護犬たちのお問い合わせ、ご質問などはブログのコメント欄
または、こちらのメールにてご連絡いただきますようお願い申し上げます
メール




GUNDOG RESCUE Companion Animal Club Ichikawa
banar-caci-600.gif
CACIさんは、千葉県でセッター・ポインターなど鳥猟犬を中心に保護されています。
たくさんの子が新しいお家を探しています。
こちらのブログで保護犬たちの様子が見る事ができます
センターのガンドッグ



NPO法人 HEART
heart-01.gif
我が家のさんちゃんを保護してくださった団体さまです。
たくさんの子たちが、お家を探しています。
上記ホームページもぜひご覧下さい。。
「ハート徳島」 さんは、四国地区のアニマルレスキューセンターとして設立された動物福祉団体で、捨てられたり虐待を受けた動物達の保護・治療・里親探し、動物たちの避妊去勢手術の奨励や飼い主としての責任を促す活動を行っており、現在までにおよそ800頭の犬猫の保護、550頭近くを日本全国の里親様の元に治療・ケア後に譲渡しています。
ハートは現在250頭の犬猫を保護しており、シェルター(徳島市内、JR徳島駅より車で20分程度)には、通常の保護動物のほか東日本大震災で飼い主を失ったペットたち数十頭もおり、保護動物・被災動物の約150頭近くが生活をしています







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

S様

こんばんは、先程メールさせていただきました。
本当にありがとうございます。よろしくお願いいたします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索